卓球演舞

卓球演舞

卓球の練習をする時に知っておきたいこと

卓球は、地味に見えますが、それなりのレベルで試合などをしようと思うと実はなかなかハードなスポーツです。では、実際に試合をする時にしっかりと動けるように、また怪我をしないためにどのような練習をすれば良いのかを紹介します。
 まず、卓球で試合をするときには、常に反復横跳びのような動きを繰り返している状態になります。また、その動きの量が卓球の勝負では大きく勝敗に作用します。
しかし、不用意に全力でそんな運動をしてしまうと腰を痛めてしまいます。そこで、腰を中心としたストレッチや、スクワットなどを練習に取り入れることをおすすめします。
 技術面では、卓球は、とにかく自分の意識でボールの機動をコントロールできるようにならなければ満足に試合ができません。そこで、台の上に何か目印を置いて、様々な角度からその場所に向かってボールを打つ練習をすると効果的です。さらに、目印の場所を複数にして、遠い場所近い場所と、ローテーションで打ち込んでいくとみるみるステップアップするでしょう。


初心者の為の卓球の練習法とは

どんなスポーツにでも言える事ですが、一度それを始めてみるともっと上達したいと誰もが強く思います。
しかしそこには努力以外にも、才能や向き不向きなどといったものも関わっており、自分の思いだけではどうにもならないといった壁にぶつかってしまう事も多々あります。
その一方で、卓球は極めて努力が結果に直結しやすい競技であると言えます。
勿論、才能なども関わってきますが、卓球は他の協議などと比較すると、ある程度努力でカバー出来る部分の割合が大きいと言えるのです。
練習法としては、まずは素振りです。素振りを徹底する事により、何も意識しなくても当たり前の様に理想とされるフォームでラケットを振れる様にします。
次に球上げです。これを練習する事により球を自分の意思で動かせる様になっていきます。
そしてラリーです。これは言うまでもなく、卓球をしていく上でのプレーそのものの感覚を養う為に行います。
至ってシンプルな練習法だとも言えますが、実はこれらの練習を一定のレベルまで積み重ねていくのは根気のいるものでもあります。
しかしこれらを習得出来た時には、初心者から次のステップへと進んでいけると言えます。


注目サイト

オリジナル マグカップ

最終更新日:2017/10/19