卓球演舞

卓球演舞

卓球を始める初心者が知っておきたいこと。

最近卓球を始めた初心者の方、またこれから卓球を始めてみようと考えている方に、始めるにあたって知っておいて欲しいことをお教えしましょう。
 卓球というと、地味で運動量が少なく、お年寄りでも気軽にできるイメージがありますが、実はとてもハードなスポーツです。特に腰を落として、常に反復横跳びをしているような状態になるので、腰が弱い方は注意が必要です。初心者の方は卓球での体の使い方がわからないので、最初から無理をして腰を痛めないようにしましょう。
 次に道具についてですが、ラケットは、ペングリップとシェークハンドの中で、大きく分けて4種類、表ソフト、裏ソフト、粒高ラバー、アンチスピンラバーの4種類です。アンチスピンラバーは今ではほとんど使う人もいないし、扱いも非常に難しいのでおすすめできません。また、粒高も経験を重ねて自分の得意なスタイルができてから選ぶものなので初心者には向かないでしょう。最初の内は表ソフトか裏ソフトのどちらかで始めることをおすすめします。


卓球初心者にオススメのラケット

これから卓球をされるという方は、ラケットを選ぶことになります。現在はシェークハンドとペンホルダーというラケットが存在し、シェークハンドは両面にラバーが付いているのに対して、ペンホルダーは片面にしか付いていないという特徴があります。
好みに合わせて選ぶ人も多いですが、初心者の方にとくにオススメなのはシェークハンドのラケットです。その理由は両面にラバーが付いているため、扱いやすいからです。ペンホルダーの場合はバックハンドで球を打ち返す時には大きく手首をひねらなければなりませんが、シェークハンドの場合は両面にラバーが付いているのでそれ程手首をひねらなくても打ち返せます。
また、近年はそのようなシェークハンドを利用されるプロの方も多く、将来的に卓球を極めていきたいという方にも向いています。初心者の段階からプロ御用達のシェークハンドに慣れて行けば、より卓球が強くなってくるでしょう。また、卓球の戦力として重要になるカットなどの変化球も使いやすいというの初心者の方にオススメの理由です。


pickup

埼玉 貸倉庫

http://saitama-fact.com/

2016/3/25 更新