卓球演舞

卓球演舞

卓球のラバーについて。

卓球」のラバーには主に4種類があります。表ソフト、裏ソフト、粒高ラバー、アンチスピンの4種類です。
 この中で、卓球で主に使うラバーは3種類で、アンチスピンは、特殊な加工でほとんど回転がかからない物7ですが、今ではほとんど使う人がいませんし、実物もほとんど売っていません。
残る3種類の中でも、粒高は扱いが難しく、プレイスタイルも独特な物になるので、大半の人は表ソフトか、裏ソフトの2種類に大別されるでしょう。
 特徴として、表ソフトは表面に軽い粒加工がしてあり、ボールが当たる時に回転を打ち消す効果がありますが、自分が使う時には回転をかけることもできる優れものです。一方裏ソフトは、表面が滑らかで、様々な回転の種類、回転の強弱を自在に操ることに長けているラバーですが、回転を打ち消すといった効果はありません。一見すると、回転を打ち消すこともかけることもできる表ソフトの方が便利で使いやすいように見えますが、表ソフトは回転をかける点では裏ソフトよりもはるかに劣りますし、その分複雑な回転 を扱うのは難しいというデメリットもあります。


卓球のラバーは定期的に交換することが大切

卓球のプレイヤーだったり、趣味でそのスポーツをしている方はマイラケットを持っているという方も多いです。マイラケットならば使い慣れている分だけ、手足のようにそれを使うことが出来ます。
そして、そのようなマイラケットを持っているという方は、定期的にそのラバーは交換するようにして行きましょう。マイラケットのメンテナンスとしては非常に重要なことです。何ヶ月や何年も交換をしないまま使い続けていると、表面がツルツルになってしまって、グリップが効かなくなりサーブの時にカットなどの回転をかけることが難しくなってきます。また、相手のピンポン球を弾き返す時にも、ラバーは重要な役割を持ち、うまく相手のテーブルに打ち返すためには欠かせません。
なので、卓球をしている方はラバー交換もしっかり行うようにした方が良いのです。また、交換についてはすスポーツ用品店や通販などで購入することが出来ます。素人でもやり方さえ学べば出来る、簡単な作業となっています。


check

動物看護師専門学校

Last update:2018/5/30